Complete text -- "EIGOmate - トマトにまつわるエピソード〜もっとおいしく感じられるかも"

18 June

EIGOmate - トマトにまつわるエピソード〜もっとおいしく感じられるかも

夏野菜がおいしい季節になりました。その一つにトマトがあります。トマトに関しては、いくつかの伝説があります。
トマトは、実は、アメリカから開拓者によってヨーロッパに持ち込まれたといわれています。でもその当時イギリスでは、アメリカからのトマトは、毒があるとして食べられなかったそうです。
うーん、そう考えるとtomatoは、イギリスでは、tomatoは、トマトォと発音しますが、アメリカ風にトメイトォと発音するべきなのかも?!
トマトがブレイクしたのは、イタリアでピザにトマトがのってからだそうです。

ところで、イタリア語でトマトをPomodoroというのですが、それにもまたトマトのエピソードがあるようです。旅先でその味に魅せられたフランス人が、イタリア人のシェフにこの新しい材料で何かを作ってもらうように頼んだ時に、そのイタリア人がトマトをPomme de Moors(Apple of Moors)と言ったのをこのフランス人がPommed’Amore(Apple of Love)と勘違いして、今のイタリア語のPomodoroになったそうです。
このイタリア人は、当時未開発の地のアメリカMoors(荒野地)から持ち込まれたとして言ったのをMoors(荒野地)とLove(愛)を勘違いするなんて、ロマンチックなフランス人っぽい気がします。イタリアのトマトは、形が違うのだけど、最初に持ち込まれたトマトの形は、やはり丸いものだったのかなーなんて思ってしまいます。
でもフランス語のトマトは、イギリス英語の発音にちかいtomateようですけど、エピソードはどうなったのでしょう?!トマトっていろんなお話がまだまだありそうですね。(D)

*** 世界に目を向けよう!***

イギリス留学&オーストラリア留学については EIGOmate - 英豪留学支援サイト に情報満載!

ジュニア留学、親子留学、小中高校留学、OLプチ留学、おけいこ留学、シニア留学など
留学のことならEIGOmate&留学ブログ!

ジュニア留学、親子留学、小中高校留学、OLプチ留学、おけいこ留学、シニア留学、ホームステイならイギリス留学&オーストラリア留学のEIGOmate


EIGOmateでは、海外留学アドバイザー資格をもつスタッフが
留学希望者の親身になって無料留学相談をお受けしています。
ご相談はお気軽にどうぞ。


 airrank  スコット先生の Internet English

08:27:35 | eigomate | | TrackBacks
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック
トラックバックURL