25 May

EIGOmate - チョークアートの魅力

オーストラリアのカフェやハンバーガー&サンドイッチ屋さんに行くと、黒板にとってもカラフルで楽しいイラストやメニューが書かれている看板を見かけます。発色のいいオイルパステルでイラストや文字を書き、指やブラシを使って色を自然にぼかしたりしながら作品を作っていき、色落ちしないようコーティングすると、雨に濡れても大丈夫なチョークアートの看板ができあがるのだそうです。

chalkart
チョークアートの看板


この前、佐賀で見かけて懐かしくなりましたが、日本でもけっこう大都市では人気になっているのですね。

もともとチョークアートはオーストラリアのゴールドコーストが発祥らしく、おしゃれなカフェやレストラン、フィッシュ&チップス店、バーガー店、バーなど、いろんなお店でチョークアートの看板や値段表が設置されています。

実物に近いんだけど実写でなく、あったかくて楽しそうな雰囲気を醸し出すチョークアートって素敵です。

海外からも看板の発注があるそうなのですが、日本からの注文も多いのだとか。日本でのチョークアート人気上昇中なのが伺えます。

国内外で数々のアート賞を受賞して、ドリームワールドの看板なんかも手がけている人気アーティストジェフさんが、ゴールドコーストの市街地から車で20分ほどの場所でチョークアート講座を開いています。

英語は初心者でも、ゆっくりわかりやすく説明してくれますので、日本から講座に参加される方も多いそうですよ。EIGOmateでも、このチョークアート講座に参加したい方の留学サポートを始めました。

5日、10日、15日のホームステイ込みのコースがありますので、語学学校に通った後のおけいこ留学にもGOOD!昼間に語学学校に通っている人には、夜間のコースも可能。本場オーストラリアの人気アーティストから直接チョークアートを学ぶことができる嬉しい講座です。(R)

詳しい金額などはコチラ


*** 世界に目を向けよう!***

イギリス留学&オーストラリア留学については EIGOmate - 英豪留学支援サイト に情報満載!

ジュニア留学、親子留学、小中高校留学、OLプチ留学、おけいこ留学、シニア留学など
留学のことならEIGOmate&留学ブログ!

ジュニア留学、親子留学、小中高校留学、OLプチ留学、おけいこ留学、シニア留学、ホームステイならイギリス留学&オーストラリア留学のEIGOmate


EIGOmateでは、海外留学アドバイザー資格をもつスタッフが
留学希望者の親身になって無料留学相談をお受けしています。
ご相談はお気軽にどうぞ。


 airrank  スコット先生の Internet English
00:00:00 | eigomate | | TrackBacks

07 May

EIGOmate - ゴールドコースト・マラソン参加申し込み受付中

 恒例のゴールドコーストマラソンが7月1日に開催される予定で、現在参加者を募集しています!

 ゴールドコーストマラソンは国際陸上競技連盟認定のマラソン大会で、今年で29回を数えます。毎年7月の第1日曜日に、1万人以上が参加するイベントですが、昨年は1万4千人の参加者のうち、1060人ものマラソンファンが日本から参加しています。すごい人気ですね!

 今年は女子マラソン・メダリストの有森裕子さんのハーフマラソン参加に加え、モデル・タレントの長谷川理恵さん、日本初のプロ・ライフセーバーで俳優の飯沼誠司さんらが出場予定だとか。

 競技種目はバラエティに富んでいて、子供たちはジュニアダッシュ、ママは10kmラン、そしておじいちゃんは7.5kmウォークなど、フルマラソンに出場しなくても、ご家族揃ってお楽しみいただけます。

 詳しくは、下記の大会HPをご覧ください。

 
ゴールドコースト・マラソン2007 ホームページ


 この時期、ゴールドコーストは午前中の気温が10度前後と、マラソンにはちょうどいいくらいです。ゴールドコーストの美しい海岸線を気持ちよく走ってみませんか?(R)


*** 世界に目を向けよう!***

イギリス留学&オーストラリア留学については EIGOmate - 英豪留学支援サイト に情報満載!

ジュニア留学、親子留学、小中高校留学、OLプチ留学、おけいこ留学、シニア留学など
留学のことならEIGOmate&留学ブログ!

ジュニア留学、親子留学、小中高校留学、OLプチ留学、おけいこ留学、シニア留学、ホームステイならイギリス留学&オーストラリア留学のEIGOmate


EIGOmateでは、海外留学アドバイザー資格をもつスタッフが
留学希望者の親身になって無料留学相談をお受けしています。
ご相談はお気軽にどうぞ。


 airrank  スコット先生の Internet English
00:00:00 | eigomate | | TrackBacks

17 April

EIGOmate - 国産って気になるのかも

 日本にいると溢れんばかりの日本製品に囲まれているので、そう感じないのかもしれませんが、例えばオーストラリアのデパートでフィリップス製に混じって日本の電化製品を見たりすると、妙に誇らしげに思ってしまいます。それがもし、棚の端っこに無造作に置かれていたりすると、急に愛国心が湧いてきて、きちんと並べ直してしまったり・・・・。

 車でもオーストラリアだとホールデンやヒュンダイではなく、トヨタやホンダ車に出会うと、持ち主が急に素敵に見えたり・・・。まぁ、そこまで大げさではなくても、日本の物が評価されていると嬉しくなりますし、けなされていると何だか悪い気がしてきます。

 オーストラリアでは最近特に、外資がいろいろなオーストラリアの会社を買収したりしているので、どんどん国産と言えるものが減ってきていているので、逆に生き残っているオーストラリア国産の物に"Australian Owned"なんて表示がわざわざしてあります。

 クイーンズランド州の人気ビールに"XXXX"と書いて"Four X"というのがありますが、このビールがフォスターズとニュージーランドの会社に買収されたような時期に、オーストラリアの経済状況から他の買収も進んでいったように思います。

 ところで、この"XXXX"ですが、BEERと綴るのが苦手な鉱山労働者が、Xを4つ書いてビールを注文していたことからビールの名前として採用されたという何とも安直な?名前の由来。ただ1998年からキリンビールの傘下にあるのだとか・・・・知りませんでした。

 クィーンズランド州の人にとっては、鉱山労働者に親しまれてきた男臭い由来のビールXXXXが日本資本だというのは、面白くないだろうなぁ・・・という感じがします。それでも、なくならずに飲めりゃいい!っていう感覚かもしれませんが。(R)

 
*** 世界に目を向けよう!***

イギリス留学&オーストラリア留学については EIGOmate - 英豪留学支援サイト に情報満載!

ジュニア留学、親子留学、小中高校留学、OLプチ留学、おけいこ留学、シニア留学など
留学のことならEIGOmate&留学ブログ!

ジュニア留学、親子留学、小中高校留学、OLプチ留学、おけいこ留学、シニア留学、ホームステイならイギリス留学&オーストラリア留学のEIGOmate


EIGOmateでは、海外留学アドバイザー資格をもつスタッフが
留学希望者の親身になって無料留学相談をお受けしています。
ご相談はお気軽にどうぞ。


 airrank  スコット先生の Internet English
 

 
12:00:00 | eigomate | | TrackBacks

06 April

EIGOmate - ボーイスカウトの歌をオーストラリアで

 語学留学は「英語の勉強」の部分ももちろんですが、英語圏の中で生活して、コミュニケーションを英語でやっていこうとするという「実地」の部分がとても大きいと思っています。

 英語学校のアクティビティにしても、ホームステイでのやり取りにしても、他の留学生との交流にしても、文法を気にし過ぎたり、英語の完璧さを考えていると、会話のスピードについていけなかったり、気後れして喋れなかったりして、結局は自分の考えのアウトプットができなくて、交流の幅が狭くなるのではないでしょうか。

 何だか文法なんかめちゃくちゃでも、もともとネイティブの相手は留学生に完璧な英語を求めていません。日本に来ている外国人の方達が完璧な日本語じゃないからといって、話に耳もかさないという日本人はあまりいないですよね?!テレビで「アイチテル」なんかを見てても思うのですが、外国人の彼女らがとても説得力のある意見を言ってたりすると、日本語がちょっとおかしくても気にならないですし、それより意見の内容のほうが重要に思えます。

 語学学校のレベル分けで、日本人はどうしても中レベルに固まってしまっているのですが、長く英語を勉強していないのに上のクラスにすぐにレベルアップする人って、私の経験から言うと、とても個性的でとにかく自分の意見を言う人が多いようです。おしゃべりな人も◎。

 さらには、それまでの日本での経験や趣味などが、自分の英語力以上にコミュニケーションを広げるための材料となることって多いと思います。

 そこでタイトルの「ボーイスカウトの歌をオーストラリアで!」なのですが、ボーイスカウトをやってたおかげで知り合いの知り合い・・・という感じで現地のボーイスカウトメンバーと会うことができて、ホテルのロビーでボーイスカウトの歌の大合唱になったというのを目にしました。

 スケボーやサッカーなど、休日にスポーツを通して現地生活のコミュニケーションの幅が広がった留学生の話もよく聞きます。マンガやイラストが上手いとか、料理がうまいとか、楽器が弾けるとか、そういう身近なことが案外、留学先でのコミュニケーションを広げるきっかけになるし、そのおかげで英語で物事を説明するはめになったりして、英語をたくさん話すことになったり・・・・。

 でも、その結果、英語力が足りないことを実感できて、英語をもっと勉強したくなったり、何を勉強したらいいのかわかったりしますよね。トライ&エラーの繰り返しが多くなればなるほど、それだけ身につくことも多くなるんじゃないでしょうか?

 そういうのを考えると、留学前に「英語力」もですが、「自分の好きなこと」も磨いて!と思います。絶対、役に立ちますよ。(R)


*** 世界に目を向けよう!***

イギリス留学&オーストラリア留学については EIGOmate - 英豪留学支援サイト に情報満載!

ジュニア留学、親子留学、小中高校留学、OLプチ留学、おけいこ留学、シニア留学など
留学のことならEIGOmate&留学ブログ!

ジュニア留学、親子留学、小中高校留学、OLプチ留学、おけいこ留学、シニア留学、ホームステイならイギリス留学&オーストラリア留学のEIGOmate


EIGOmateでは、海外留学アドバイザー資格をもつスタッフが
留学希望者の親身になって無料留学相談をお受けしています。
ご相談はお気軽にどうぞ。


 airrank  スコット先生の Internet English
08:55:00 | eigomate | | TrackBacks

29 March

EIGOmate - 時差はないけど、季節のギャップが・・・

 実はまだ、時差のある場所に行ったことがありません。オーストラリアは、時差が1〜2時間なので、これは時差がほとんどないと言っていいですよね。ですからよく聞く「時差ぼけ」というものが、いったいどういう感覚になるのか、いずれ体験するのが楽しみ?のような、こわいような・・・・。

 ですが、北半球の日本から、赤道を越えて南半球のオーストラリアまで行くと、半日で季節が逆転した環境に身をおくことになります。これは、気持ちはけっこうアジャストできるのですが、体がちょっとビックリしているような感覚が数時間残ることがあって、なんだか不思議です。

 日本の夏休みにオーストラリア留学される方は、その「季節の逆転」を味わうことになりますが、普通に生活していても春先などは急に暖かくなったかと思うと寒さがぶり返してきたりして、体調が悪くなることがありますよね。

 日本との温度差のギャップが大きければ大きい程、体にもいつのまにか負担がかかるのだと思います。冬でも日中は半袖で過ごせるケアンズ、ブリスベン、ゴールドコーストなどだと、夏休みに行っても温度のギャップが少なめですが、キャンベラやタスマニアなどは特に温度差が大きいので、その分体調管理も十分に。

 でも、乾燥した冬のオーストラリアから日本に戻ってくると、うだるような湿度の高い夏が待っていますので、暑さに弱い人は、帰ってからのほうがつらいかもしれません。(R)


*** 世界に目を向けよう!***

イギリス留学&オーストラリア留学については EIGOmate - 英豪留学支援サイト に情報満載!

ジュニア留学、親子留学、小中高校留学、OLプチ留学、おけいこ留学、シニア留学など
留学のことならEIGOmate&留学ブログ!

ジュニア留学、親子留学、小中高校留学、OLプチ留学、おけいこ留学、シニア留学、ホームステイならイギリス留学&オーストラリア留学のEIGOmate


EIGOmateでは、海外留学アドバイザー資格をもつスタッフが
留学希望者の親身になって無料留学相談をお受けしています。
ご相談はお気軽にどうぞ。


 airrank  スコット先生の Internet English
10:41:00 | eigomate | | TrackBacks