15 November

EIGOmate-国内の別の店舗で交換できる店もあります。

年の瀬が近づいてくると、クリスマスショッピング、日本ではお歳暮となかなか出費が大変。

そんな中、慌てて買い物して、やっぱりこのサイズ少し小さかったかもなんてことはないでしょうか?

私は、イギリス行くと、庶民的で、サイズもさまざまで定番商品の多いNEXTに行くことがよくあるのですが、そんなある日、イーストボーンのNEXTでクレジットカードで買い物したんです。

でも、その後ロンドンに移動した時に、私が思ったことは、「うーん。もうイーストボーンには、戻らないのにな。どうしよう」と。
そんな心配は、無用でした。1週間以内のクレジットカード支払いの控えと商品を持って、ロンドンのNEXTで他のに交換できました。クレジットカードに差額の返金処理もしてもらえました。

知り合いの話によると、イギリス国内にたくさん店舗を構えるMARKS & SPENCERも同じ店舗でなくとも交換できるそうですよ。また、MARKS & SPENCERは、店によっては、外国通貨を換金できるところを持ってるところもあるようです。

日本に持って帰ってきたら、1週間でもどうだかわかりませんが。(D)
*** 世界に目を向けよう!***

イギリス留学&オーストラリア留学については EIGOmate - 英豪留学支援サイト に情報満載!

ジュニア留学、親子留学、小中高校留学、OLプチ留学、おけいこ留学、シニア留学など
留学のことならEIGOmate&留学ブログ!

EIGOmate イギリス留学&オーストラリア留学


EIGOmateでは、海外留学アドバイザー資格をもつスタッフが
留学希望者の親身になって無料留学相談をお受けしています。
ご相談はお気軽にどうぞ。




 airrank   

 

17:39:01 | eigomate | | TrackBacks

03 November

EIGOmate - イギリスでは、あちこちでクリスマス気分が高まってきました

この時期は、私にとって、ヨーロッパがとっても恋しくなる季節です。町中がクリスマス気分でいっぱいになり、クリスマスの飾りつけだけでなく、みんなそれぞれにギフトボックスを小脇にかかえて、せわしく通りを歩いています。だんだん寒くなってくるとそこにドラム缶の上で焼き栗を焼く光景も見えます。その頃のイギリスがとても好きです。

11月から1月まで、オックスフォードストリートやリージェントストリートでは、美しいライトアップがなされます。クリスマスクラフトフェアが11月21日から23日までロンドンので開かれます。
ロンドンに限らず、お風呂の語源にもなったRoman bath のある世界遺産の町Bathでは、bath abby近くで、11月30日〜12月10日までクリスマスマーケットが開催されます。また、アメリカニューヨークの語源になった古都ヨークでも11月17日〜12月18日まで開催されます。
17世紀から広がっていったヨーロッパに広がっていったクリスマスマーケット。地方のクラフトの出店が並び、なんか掘り出しものも見つかるかもしれないし、イギリスらしいしっとりとした町並みのクリスマス気分を楽しむのもいいと思います。(D)



*** 世界に目を向けよう!***

イギリス留学&オーストラリア留学については EIGOmate - 英豪留学支援サイト に情報満載!

ジュニア留学、親子留学、小中高校留学、OLプチ留学、おけいこ留学、シニア留学など
留学のことならEIGOmate&留学ブログ!

EIGOmate イギリス留学&オーストラリア留学


EIGOmateでは、海外留学アドバイザー資格をもつスタッフが
留学希望者の親身になって無料留学相談をお受けしています。
ご相談はお気軽にどうぞ。




 airrank   



10:56:00 | eigomate | | TrackBacks

30 October

EIGOmate - ミュージカルで心のデトックス

最近、心のデトックスなんて言われるように、ほんとに心が病んで癒しが必要な人って多いようですね。

ヒーリングミュージックっていうと落ち着いて静かな音楽が多いようですが、他人によって癒され方って違う気がします。

私なんかは、落ち込んでる時は、元気になれる曲の方がどんどん静まなくていいような気します。
心のデトックスできそうなのに、ミュージカルや感動的な映画なんてのもありますよね。
男の人は、人前で泣かないからストレスがたまり、女性より長生きしないそうです。泣きたいときは思い切り泣いたり、たまには子どものように大きな声で笑ったりすることでストレスから開放され、心のデトックスができるのかもしれません。

前回、ロンドンに行ったときに、小4の男の子の子どもと一緒にメリーポピンズを観ました。ウォルトディズニーのですが、舞台はロンドンです。私自身も楽しみましたけど、横から子どもの楽しそうな笑顔で一緒になって、魔法をかけそうなときにspoonful of sugar..って歌ってるのを聞いて連れて行ってよかったなと思いました。

周りを見渡すと、その時期8/18〜9/1までがkids weekで子ども料金がただとか、半額だったせいかたくさんの子どもたちが来てて、みんながポピンズの魔法にかかったように手拍子したり、歌ったりしてました。とてもほほえましい光景でした。戦闘のマンガを観てるときの子どもたちの笑顔とメアリーポピンズなんかを観てるときの子どもたちの笑顔は全然違います。

生で一流のプロのいろいろなミュージカルを観れるのは、日本でもそうですが、イギリスならロンドンならでこそですね。親子でロンドンを訪れることがある方、メアリーポピンズは、お勧めです。プリンセスエドワード劇場で2007年4月28日まで上演されてますメアリーポピンズ<D>

ミュージカル関連の以前のブログ但し、以前書いたものの為、ミスサイゴンの公演日程等は、古いです




*** 世界に目を向けよう!***

イギリス留学&オーストラリア留学については EIGOmate - 英豪留学支援サイト に情報満載!

ジュニア留学、親子留学、小中高校留学、OLプチ留学、おけいこ留学、シニア留学など
留学のことならEIGOmate&留学ブログ!

EIGOmate イギリス留学&オーストラリア留学


EIGOmateでは、海外留学アドバイザー資格をもつスタッフが
留学希望者の親身になって無料留学相談をお受けしています。
ご相談はお気軽にどうぞ。




 airrank   
11:03:02 | eigomate | | TrackBacks

18 October

EIGOmate- 深刻なイジメ問題どうなるのだろう

イジメの問題が、深刻な社会問題になっています。
福岡では、教師によるイジメが発覚したばかりですが、たまたま発覚したのであって、実際は他の県でもその学校以外でもあってるでしょう。
実際に私も子どもたちから聞いたことがあります。例えば騒いだり同じ事をしでかしたても目だってしまう子、その子がたまたま2度めに何かに関わってれば、教師は「あーまたお前だな」って感じですよね。そういう目で見られてしまいます。それは、現代に始まったことでは、ないかもしれません。教師だって人間だからエコひいきが全然ないとは、いえないかもしれません。でもひいきとイジメは、わけが違います。
問題なのは、登校拒否がクラスに一人はあると子どもたちはいってる学校に、親が聞くと「登校拒否は、当校(当クラス)ではありません」という隠そうとする教師たち。
でも、この問題は、日本は多いのかもしれませんが、日本に限ったことではないでしょう。ただ日本のように同じ教育で秀でているかどうかでは、判断はされないのかもしれません。

イギリスにもbullyいわゆるいじめっ子は、存在します。去年のイギリスのニュースでNCSというある機関の報告によれば、若い人のうちの5%がインターネットのチャットでいじめられており、4%がEメールを通していじめにあっています。この数字だけみれば低い気がしますが、日本でもキッズ携帯が普及する一方でこの種のイジメが、ますます増えることも予想されます。


小学校の低学年にイジメられてた私は、中学年担任の先生が得意分野を見つけてくれることで自信がつきました。一所懸命に頑張ってくれている先生もたくさんいると思います。

子どもたちのイジメを全面的に撲滅することは、できないかもしれません。でも子どもたちが気軽に相談できる学校や大人たちが必要だし、これからは、心が強い子どもに育てることが大切なのかもしれません。

最後に不登校などに関して一生懸命相談にのってる機関をご紹介します AJ国際高等学院(D)

*** 世界に目を向けよう!***

イギリス留学&オーストラリア留学については EIGOmate - 英豪留学支援サイト に情報満載!

ジュニア留学、親子留学、小中高校留学、OLプチ留学、おけいこ留学、シニア留学など
留学のことならEIGOmate&留学ブログ!

EIGOmate イギリス留学&オーストラリア留学


EIGOmateでは、海外留学アドバイザー資格をもつスタッフが
留学希望者の親身になって無料留学相談をお受けしています。
ご相談はお気軽にどうぞ。




 airrank  

10:40:41 | eigomate | | TrackBacks

16 October

EIGOmate - 代理母出産を認めている英国で

代理母が今話題になっていますので、条件つきで代理母を認めている英国を少しだけ調べてみました。子どもが欲しくてもできない人にとって、代理母に頼んででも子どもを持ちたいと思うのはわかります。ただ代理母になったが為に自分の命を犠牲にした人もイギリスにはいたようです。実際に代理母になり、29歳の女性が出産後90分で命をおとし、その代理母になった遺族は、深い悲しみにくれ、子どもの誕生がそんなにたやすいことでは二個とを人々に認識してほしいという言葉が記事にありました。きっと代理母をした本人はそのことも充分に覚悟はしていたとは、思いますし、通常の出産でもその危険性がないとはいえないと思います。でも遺族にしてみれば、そうしなければ死ななくてすんだかもしれないという怒りは、どこに持っていこうにもないような気がします。

イギリスにあるエージェントsurrogacy UKをチェックしてみますと、一方で赤ちゃんが無事に出産し、よろこんでいる体験談もあります。

さらにみるとその中に、イギリスといってもスコットランドとイングランドでは法律も少し違うようだし、イングランドでは6週間以内に出生通知が必要なのですが、代理母が結婚してれば代理母の夫と代理母が両親として、出生届に記載され、夫がこの申し出を認めないなら、これからそのこの父になる人が父として名前が載るとか、どちらにしても赤ちゃんには将来の両親の姓は与えられすとか、出生届が全うされ、通知にこれからそのこの父になる人がの名前が載らなければ代理母は、保護責任の同意書を未来の父とかわし、代理母と将来の父の保護責任が50%とかになるとかいろいろと法律上のめんどくさそうなこともありそうです。

そのほかに英国籍以外の人が英国人の代理母を頼む時は、国籍の面でも面倒な気がします。

まだまだいろいろな問題もあるでしょうから、条件をつけて代理母を認めるにしてもいろいろなケースをふまえて、よく考えて政府が決議してほしいものです。(D)

*** 世界に目を向けよう!***

イギリス留学&オーストラリア留学については EIGOmate - 英豪留学支援サイト に情報満載!

ジュニア留学、親子留学、小中高校留学、OLプチ留学、おけいこ留学、シニア留学など
留学のことならEIGOmate&留学ブログ!

EIGOmate イギリス留学&オーストラリア留学


EIGOmateでは、海外留学アドバイザー資格をもつスタッフが
留学希望者の親身になって無料留学相談をお受けしています。
ご相談はお気軽にどうぞ。




 airrank  
14:28:00 | eigomate | | TrackBacks