01 June

EIGOmate - オーストラリア留学Facebook紹介

2015年は早くも5が月が過ぎ、梅雨の雰囲気が漂ってくる時期となりました。
EIGOmate AUSでは、オーストラリア留学Facebookページにて随時情報を発信しています。

オーストラリア留学 EIGOmate AUS Facebookページ
https://www.facebook.com/eigomateau


オーストラリアのイベント、生活情報、学校情報、留学キャンペーン情報をはじめ、日本から出発していく留学生に役立つ準備情報などを投稿中ですので覗いてみてください♪


*** 世界に目を向けよう!***

イギリス留学&オーストラリア留学については EIGOmate - 英豪留学支援サイト に情報満載!

ジュニア留学、親子留学、小中高校留学、OLプチ留学、おけいこ留学、シニア留学など
留学のことならEIGOmate&留学ブログ!

ジュニア留学、親子留学、小中高校留学、OLプチ留学、おけいこ留学、シニア留学、ホームステイならイギリス留学&オーストラリア留学のEIGOmate


EIGOmateでは、海外留学アドバイザー資格をもつスタッフが
留学希望者の親身になって留学相談をお受けしています。
ご相談はお気軽にどうぞ。

00:00:00 | eigomate | | TrackBacks

06 July

EIGOmate - 脱ラリアのオーストラリア芸人さん

オーストラリアを脱出してきたから「脱ラリア」とは、「ジパング上陸作戦」のチャドさん。パース出身のひょうきんなお兄さんでした。

吉本総合芸能学院【通称NSC (New Star Creation)】大阪・東京を通じて「初の外国人NSC生」として修行を積んだそうですが、もともとは兵庫への留学生。なるほど関西弁が板に付いてると思いました!

「オーストラリア出身」って言うのも長ったらしいので「ラリア出身」なのだそうです。確かに「オーストラリア」って言葉は長いとは思ってましたから、これから「オーストラリア留学」ではなくて、「ラリア留学」という表現はどうかしら・・・?

毎週水曜日にNHK教育にてOA中の「きょうから英会話」 23:10〜23:30 (再放送・火曜日6:40〜、12:10〜)に、とてもノ〜天気なキャラで登場してますが、オーストラリアなまりの関西弁?なんて気もしました。


ところで、このチャドさんも出演するNHKの「世界のコトバで遊ぶ」という番組が、7月28日(土)23:45〜に放送されます。

この番組の切り口は『コトバ』なのだそうで、外国語講座の出演者や専門家が、日本語やいろいろな外国語のことをマニアックに語り合う番組になるということなので、チョット楽しみにしています♪(R)


*** 世界に目を向けよう!***

イギリス留学&オーストラリア留学については EIGOmate - 英豪留学支援サイト に情報満載!

ジュニア留学、親子留学、小中高校留学、OLプチ留学、おけいこ留学、シニア留学など
留学のことならEIGOmate&留学ブログ!

ジュニア留学、親子留学、小中高校留学、OLプチ留学、おけいこ留学、シニア留学、ホームステイならイギリス留学&オーストラリア留学のEIGOmate


EIGOmateでは、海外留学アドバイザー資格をもつスタッフが
留学希望者の親身になって無料留学相談をお受けしています。
ご相談はお気軽にどうぞ。


 airrank  スコット先生の Internet English



13:48:20 | eigomate | | TrackBacks

11 June

EIGOmate - 豪では " Hungry Jack’s®"で「ワッパー®」を食べる

 新宿に一号店がお目見えしたとの世界的ハンバーガーチェーン店"Burger King™"ですが、すごい行列なんですね。これほど有名なハンバーガー店なのでオーストラリアにも当然あると思いきや、「バーガー・キング"Burger King™"」の名前では探すことができません。

 実は30年以上前に、"Burger King™"がオーストラリアのパースに初のフランチャイズ店を出店する際、「ハングリー・ジャックス Hungry Jack's®"」の名前で人気商品「ワッパー®"WHOPPER®"(発音はウォッパーに近い)」を売り出して、そのままオーストラリア全土に広がっていってしまい、途中親会社が名前を変えようともしたようなのですが、おなじみになっていた「ハングリー・ジャックス Hungry Jack's®"」の名前で定着したそうなのです。

 "The Burgers are Better at Hungry Jack's®"という宣伝コピーも長年使われてます。

 でも、上の二つのバーガー店のロゴは似てますよね。オーストラリアで「ワッパー®"WHOPPER®"」を食べたくなったら、「ハングリー・ジャックス Hungry Jack's®"」へ!

 ・・・・特に宣伝しているわけではありませんが。(R)



*** 世界に目を向けよう!***

イギリス留学&オーストラリア留学については EIGOmate - 英豪留学支援サイト に情報満載!

ジュニア留学、親子留学、小中高校留学、OLプチ留学、おけいこ留学、シニア留学など
留学のことならEIGOmate&留学ブログ!

ジュニア留学、親子留学、小中高校留学、OLプチ留学、おけいこ留学、シニア留学、ホームステイならイギリス留学&オーストラリア留学のEIGOmate


EIGOmateでは、海外留学アドバイザー資格をもつスタッフが
留学希望者の親身になって無料留学相談をお受けしています。
ご相談はお気軽にどうぞ。


 airrank  スコット先生の Internet English



 
08:35:19 | eigomate | | TrackBacks

27 April

EIGOmate - 全豪オープンテニスと同じコートが日本にもあった!

 そろそろゴールデンウィーク!29日(日)からは、佐賀県が誇る陶磁器の町、有田で恒例の「有田陶器市」も始まります。

 さて、佐賀には日本最大規模の16面もの天然芝コートを誇る『ウインブルドン九州』という民間のテニスクラブがありますが、その名の通りテニス界の聖地ウインブルドンに匹敵するような素晴らしいコンディションの芝コートでプレーできると評判です。

 そこのインドアコート2面が、現在改装中というのを地元紙「佐賀新聞」で読みました。今度はなんと「全豪オープンテニス」に使われている『リバウンドエース』という表面がソフトなハードコート(?!)になるのだとか。(ウインブルドン九州スタッフ談)

 関東地区では、この仕様のコートがいくつかあるらしいのですが、今回九州では初めてなので、テニスファンには待ち遠しいところ。

 世界テニスのグランドスラム大会のうち、全英と全豪の気分が佐賀で味わえるようになるってのは、なんか得した気分♪

 そのうち、全仏、全米仕様のコートも作ってくれたら、佐賀でテニスのグランドスラム大会?!なんてことには、ならないですかね?

 ウインブルドン九州の側はよく通るものの、まだ中には入ったことがありません。近いうち、ぜひ!(R)


*** 世界に目を向けよう!***

イギリス留学&オーストラリア留学については EIGOmate - 英豪留学支援サイト に情報満載!

ジュニア留学、親子留学、小中高校留学、OLプチ留学、おけいこ留学、シニア留学など
留学のことならEIGOmate&留学ブログ!

ジュニア留学、親子留学、小中高校留学、OLプチ留学、おけいこ留学、シニア留学、ホームステイならイギリス留学&オーストラリア留学のEIGOmate


EIGOmateでは、海外留学アドバイザー資格をもつスタッフが
留学希望者の親身になって無料留学相談をお受けしています。
ご相談はお気軽にどうぞ。


 airrank  スコット先生の Internet English

 
09:46:40 | eigomate | | TrackBacks

27 March

EIGOmate - 30分タイマーで退出のアイスバー

 氷点下のバーと聞いて、以前UK担当者が紹介してくれていたロンドンの完全氷のアイスバーを思い出していましたが、ニュージーランド人探検家のひ孫のクレイグ・ロックウェル氏が、ひいおじいちゃんの北極探検時代に真冬のロシア漁村に身を寄せて、ウォッカで体を温めながら乗り切ったという経験をもとにオープンさせた氷点下のウォッカバー "minus 5°" が昨年末頃からオーストラリアにも上陸。シドニー、サーファーズパラダイス、ケアンズの人気スポットになっています。

minus5
minus 5°


 このお店、無料で貸し出してくれる分厚いジャケットとブーツ、手袋などを店内に入る前に着込んでからでないと、入場できません。カメラ等の機械類は、故障の可能性があるためロッカーに預け、中では専門のカメラマンが(当然有料で!)特別のカメラで撮影してくれるところは、さすが観光地!

 おまけにワンドリンク付きの入場料30ドル(18才以下は15ドル)ほどを払って、30分のタイマーを渡されて時間になったら退場するというシステム。退場5分前にもタイマーがセットされているとかで、時間管理も徹底してますね。

 健康への懸念もあってか、その30分間にオーダーできるドリンクは、無料のものと合わせても3杯のみということです。ウォッカベースのカクテルがオススメですが、アルコールの入っていないモックテールもあります。

 中に入ると、グラスもインテリアも氷ばかりというところは、いろんなアイスバーと同様ですが、これだけ重装備して入場し30分しかいられないというのは、短すぎるような・・・・。「氷点下体験」のおまけに、ちょっとドリンクサービスがついているという印象ですね。

 再入場したい場合は、退場して90分以上経ってからだとか。その際、最初と同額の入場料もかかりますし、酔っぱらっている人は入場させてもらえないとのこと。

 ただ、真夏のオーストラリアから30分だけでも、氷の世界に脱出できるとなると、かなり魅力的なのかも。観光地のサーファーズパラダイス店は、できればネットから予約をして行った方がいいかもしれません。(R)


*** 世界に目を向けよう!***

イギリス留学&オーストラリア留学については EIGOmate - 英豪留学支援サイト に情報満載!

ジュニア留学、親子留学、小中高校留学、OLプチ留学、おけいこ留学、シニア留学など
留学のことならEIGOmate&留学ブログ!

ジュニア留学、親子留学、小中高校留学、OLプチ留学、おけいこ留学、シニア留学、ホームステイならイギリス留学&オーストラリア留学のEIGOmate


EIGOmateでは、海外留学アドバイザー資格をもつスタッフが
留学希望者の親身になって無料留学相談をお受けしています。
ご相談はお気軽にどうぞ。


 airrank  スコット先生の Internet English
14:20:30 | eigomate | | TrackBacks