Archive for August 2006

31 August

EIGOmate - 朝早くから働いているロンドンのビジネスマン

今回は、私用の為にロンドンの金融地区 Canary Wharf地下鉄の駅近くに滞在しました。

日本のサラリーマンがよく働くといいますが、さすが世界と金融取引を行ってるバリバリのビジネスマンが、この地区には多いだけに朝の6時からスーツ姿のびしっと決めたサラリーマンを何人も見かけました。

このあたりで働いている人は、いかにも頭のよさそうな感じで、長身でスーツが男性も女性もとても似合っている気がします。

8時半過ぎになるととても横から横切れないような早足で歩いている人どおりです。うちの子供は、まるで車が通ってるみたいといってました。

Canary Wharfには、Jubilee Place(左写真中央の丸っぽい三角のグラス)とCanada Placeというショッピングモールがあります。ショッピングモールには、スーパーの tescoや Waitrose、Marks and Spencer, Bootsなどをはじめ、Oasis Nextなどのブティックが入っていて、生活に必要なものは大体揃うって感じがします。

ビジネス街ですから、日曜日は早くしまったり、閉まってたりしますが、朝は、tescoとか6時から開いてます。

隣の駅の North greenwichは、ドーム The O2の建設が進んでいます。Jubilee Lineは、ロンドンの地下鉄の中で早いのですが、ここからもアクセスがよく数分ごとにでています。

左写真の右手遠くに見えてる白い建物がそうです。グリニッジペニンシュラは、ロンドン5輪に向けての開発が進んでいます。


テムズ川の向い岸には、Jubilee Placeから橋をわったところにリフレクソロジー(英国式足つぼマッサージ)やアロマセラピーなどをしてくれる exceptionalhealth がありますよ。但し要予約。
(D)



*** 世界に目を向けよう!***

イギリス留学&オーストラリア留学については EIGOmate - 英豪留学支援サイト まで!

海外留学アドバイザー資格をもつスタッフが
留学希望者の親身になって無料留学相談をお受けしています。
ご相談はお気軽にどうぞ。





 airrank  

 

 
11:41:01 | eigomate | | TrackBacks

30 August

EIGOmate - お気に入りの歯ブラシ

 留学時に身の回りのものは現地に行って調達できるものが多いと思いますが、「お気に入り」の物ってなかなか現地調達が難しかったりして、持っていったほうが気分的にも落ち着くことってありませんか?

 昨年、新しい旅行用歯ブラシセットが必要だったのですが、とりあえずは飛行機の中やホテルで用意してあるものを使おうと思って買わずに出かけました。福岡国際空港で時間があってブラブラしていて「ION」という名前の折りたたみ式歯ブラシが目についたので購入しましたが、これが私的には大ヒット!

 説明では、「歯磨き粉がいらなくてもイオンの力できれいに磨ける」ようなことが書いてあったような気がします。歯ブラシ部分と柄の部分をつなげて使うのですが、ブラシの真ん中に数列、他より長くて細〜い毛の部分があって不思議な感じ。

 これがホントに歯磨き粉なしでキレイさっぱりなるのです。

 ケースに入れるとコンパクトで軽いし、普通の旅行でも便利なのでもう1セット買いたいなぁと思うのですが、ロゴから「池本ブラシ」製だというのがわかるくらいで、この会社のHPにもIONという歯ブラシの情報は載っていないし、ネットでもどこで買えるのか探せませんでした。今度、福岡空港に寄ったら探してみようかと思います。

 留学先で気持ちよく過ごすために、無理にすべて現地のものを使うのではなく、日本から自分がどうしても!と思うものは持っていっていいのではないでしょうか。

 ただ、留学では逆に現地でしか手に入らないものがお気に入りになってしまい、手放せなくなることも・・・帰国時に買いだめしてしまうケースのほうが多いのかもしれません。 (R)


*** 世界に目を向けよう!***

イギリス留学&オーストラリア留学については EIGOmate - 英豪留学支援サイト まで!

海外留学アドバイザー資格をもつスタッフが
留学希望者の親身になって無料留学相談をお受けしています。
ご相談はお気軽にどうぞ。





 airrank   
06:24:12 | eigomate | | TrackBacks

29 August

EIGOmate - 警備の厳しいヒースローとそれほど厳しくない他の空港

19日からの渡英は、テロ未遂事件後のヒースローの混乱に加えて、18日に台風が九州を通過し、福岡から成田まで飛ぶかどうかがわからないといった中で、息子と母と母の友人の出発でした。
しかし、足の悪い母の為に空港で、車椅子を予約していたのが幸いしました。
全く歩けないわけではないのですが、ヒースロー空港の広さを考えるととても歩ける広さではないので予約していたわけですが、入管を見ると溢れかえんばかりの人でした。
きっと普通に待っていたなら、ヨーロッパ圏以外のパスポートの人は、3時間ぐらいは待たないと通過できそうにない状態でした。
待っていた人の白い目を後ろに感じながら、下をむいて駆け足で通過、母のおかげで、私たち3人は難なくタクシー乗り場まで送っていただくことができました。タクシー乗り場も待ってる人でごったがえしてるにも関わらず・・・

帰りは、フランクフルトを経由して帰ってきたのですが、フランクフルトも日本の空港もヒースロー空港に比べるとかなり甘い警備です。

ヒースローでは、ゴミ箱に捨てられたゴミを一つずつ、紙切れさえ1枚ずつ警備員が機械を使ってチェックしてました。

もちろんx線前では、ジャケット・靴は、脱がせられ、女性も女性係員からボディチェックを受けます。液体などは、もちろんのこと口紅・ファンデーションなども手荷物で持ち込むことはできません。

おもしろいことにヒースローでは、私のカーデガンのホックでさえ、x線で反応するのに対し、フランクフルトや成田で反応がなかったのは不思議です。

またフランクフルトから乗り込んでたドイツの女の人が、なぜか日本製の保水スプレーや化粧品を手荷物で持ち込み飛行機の中で化粧してました。私は、最初から入れてなかったのですが、フランクフルトで通過できたんだなとあらためておもいました。

フランクフルトの空港は、ヒースローに比べると小規模だし、利用者も少ないかもしれないけど、東京がねらわれたら、テロリストにとっては簡単かもしれないと感じました。昨年度のヒースローの利用者数は、シカゴに続き、世界第3位、羽田空港は第4位です。30位中15以上は、アメリカです。アメリカは、国内の交通手段がバスか飛行機でしょう。キャンセルがでたとはいえ、訪れる人が後をたたないのは、ロンドンの魅力かもしれない(D)

*** 世界に目を向けよう!***

イギリス留学&オーストラリア留学については EIGOmate - 英豪留学支援サイト まで!

海外留学アドバイザー資格をもつスタッフが
留学希望者の親身になって無料留学相談をお受けしています。
ご相談はお気軽にどうぞ。





 airrank   

14:35:14 | eigomate | | TrackBacks

28 August

EIGOmate - イングリッシュワイン大健闘!

 イギリスのワイン?って思われるかもしれませんが、最近イングリッシュワインのクオリティが上昇中なのだそうです。

 "A Taste of Britain" によると・・・

『ロンドンで開催の2006年ワイン&スピリット国際大会の結果が7月20日に発表され、Nyetimber Classic Cuvee 1998が熟成スパークリング・ワインの部門で金賞ベスト(Gold - Best in Class)に輝きました。イングリッシュ・ワイン勢は、昨年を4つ上回る、計16ものメダルを獲得しました。』 ということで、英国ワインを日常で楽しめる日も近いかもしれません。

 伝統あるワイン市場のあるヨーロッパの中で、新しい市場を開拓するのは容易ではないと思いますが、そんな中で「実はすっごくいいワインがイギリスにある」なんてことになると、人気が出るでしょうね。

 イギリスから帰国予定の方、まだなかなか日本ではあまりお目にかかれないイングリッシュワインをお土産にするのもいいかもしれませんよ。(R)


*** 世界に目を向けよう!***

イギリス留学&オーストラリア留学については EIGOmate - 英豪留学支援サイト まで!

海外留学アドバイザー資格をもつスタッフが
留学希望者の親身になって無料留学相談をお受けしています。
ご相談はお気軽にどうぞ。





 airrank   
00:09:00 | eigomate | | TrackBacks

27 August

EIGOmate - バックパッカーが好むオーストラリア

ヨーロッパでも若者は、ヨーロッパ周遊ができるユーロパスを使うので、バックパッカーは、たくさん見られますが、オーストラリアでは、ヨーロッパやアメリカからの40代や50代のバックパッカーがたくさん増えてきているそうです。バックパッカーが一日に使うお金は、1000円以内です。

でもこの年代は、特に金銭的な理由でバックパッカーをしてるわけではなく、自分の足で昔をなつかしみながら、旅を楽しむことができるからだそうです。

いざ自分がやるとなると、私自身はやったことがないから、なんとなく今ひとついろいろな理由をつけて、踏み込めないけど、どこかでうらやましい気がします。

世界中の違う町に行くたびに、まず土地勘をつけるのに、ジョギングをする人もいますが、たとえ自然やそのほかの危険性があったとしても、自分の足で自分の体力を信じて、じっくりとまわるのも旅の醍醐味かもしれません。(D)

*** 世界に目を向けよう!***

イギリス留学&オーストラリア留学については EIGOmate - 英豪留学支援サイト まで!

海外留学アドバイザー資格をもつスタッフが
留学希望者の親身になって無料留学相談をお受けしています。
ご相談はお気軽にどうぞ。





 airrank  

 

 
23:36:00 | eigomate | | TrackBacks