Archive for July 2005

31 July

EIGOmate - イギリス現地レポート No.4 ブライトン

 ブライトンの水族館、世界最古と聞いてますが、建物の中がまるで美術館のようでした。エイが水槽から顔を出したり、水槽の中にガイコツが飾ってあるところにピラニアがいました。たつのおとしごのセレクションも結構ありました。
(イギリス - ブライトンにて DOWNES)




*** 世界に目を向けよう!***
イギリス留学&オーストラリア留学は EIGOmate - 英豪留学支援サイト まで!
お気軽にお問い合わせください。



  
 airrank we're not afraid 
08:50:00 | eigomate | | TrackBacks

30 July

EIGOmate - イギリス現地レポート No.3 カンタベリー

 イーストボーンから約2時間半、ケント州のカンタベリーに来ました。カンタベリーは、チョーサーの『カンタベリー物語』が知られてます。中世の面影をそのまま残すこの町は、素晴らしい大聖堂がありたくさんの観光客がいました。とてもイギリスらしい!?こじんまりとかわいい町で散策するのが気持ちよかったですよ。
(イギリス - カンタベリーにて DOWNES)




*** 世界に目を向けよう!***
イギリス留学&オーストラリア留学は EIGOmate - 英豪留学支援サイト まで!
お気軽にお問い合わせください。



  
 airrank we're not afraid 
16:39:33 | eigomate | | TrackBacks

29 July

EIGOmate - 世界水泳で活躍中のオーストラリア人たち

 現在カナダのモントリオールで開催されている世界水泳(the World Swimming Championships)ではバタフライの松田選手や中西選手、平泳ぎの北島選手、今村選手など日本人選手が大活躍していますが、水泳大国オーストラリアの選手も負けてはいません。

 前回2001年の世界水泳は日本の福岡で行われ、オーストラリアからはイアン・ソープ選手が大活躍しましたが、その時の女子200メートル自由形の金メダリスト、ルーニー選手が今回の女子50メートル背泳ぎで金メダルを取っています。2003年には故障で苦しみ、水泳を辞めようとも思っていたルーニー選手ですが、オーストラリアのテレビ局 "Channel 9" に「辞めないでよかった!」と語っています。

giaanloony
(ABC Photo) - Gold medal ... Giaan Rooney


 他にも男子800メートル自由形の世界記録を出したハケット選手や女子100m平泳ぎのジョーンズ選手、女子バタフライで大会新記録を出したスキッパー選手など、最終日7月31日(日)(日本時間:8月1日7am〜)の男子400メートル・メドレーリレーまで目が離せません。

 イアン・ソープ(Ian Thorpe)選手は2005年2月時点で7月の世界水泳には出場しないことを表明していました。アテネオリンピックからの回復と、2008年の北京オリンピックへの調整のためだそうです。世界レベルのアスリート達の調整方法は何年のスパンで計画が立てられているのだろうという素朴な疑問がわいてきます。


*** 世界に目を向けよう!***
イギリス留学&オーストラリア留学は EIGOmate - 英豪留学支援サイト まで!
お気軽にお問い合わせください。



  
 airrank we're not afraid 
02:00:00 | eigomate | | TrackBacks

28 July

EIGOmate - イギリス現地レポート No.2 イーストボーン

 数年前は日本人の学生で溢れてたこの町も、今年の夏は学校にいる日本人学生が、多い学校で3〜4人でした。だからと言って留学生が少ないわけではなく、夏休みは溢れかえっています。スペインやドイツからの学生が目立ち、学校関係者によるとアジアからは韓国や台湾からが多いようです。

 久しぶりにイーストボーンに来てみたのですが、こんなにカモメがうるさかったかな〜って驚いています。
(イギリス - イーストボーンにて DOWNES)


"カーペットガーデン"
イーストボーンのシーフロント



*** 世界に目を向けよう!***
イギリス留学&オーストラリア留学は EIGOmate - 英豪留学支援サイト まで!
お気軽にお問い合わせください。



  
 airrank we're not afraid 

08:53:00 | eigomate | | TrackBacks

27 July

EIGOmate - オーストラリアの日焼け止め対策

 南極の上空にポッカリ開いたオゾンホールに近いオーストラリアは、皮膚がんの発生率が世界一高く、オーストラリア住民は定期的に皮膚のほくろやアザの大きさや色をチェックしている人も多いのですが、日本からの留学生などは案外気にしている人が少ないように思います。

ausbeach


 オーストラリアの日差しはことのほか強烈で、紫外線の度合いが違います。ビーチには、"Slip, Slop, Slap" という標語の書かれた立て札があり、『衣服を着て、日焼け止めを塗って、帽子をかぶって』浜辺で過ごしましょうという注意なのです。日差しが強いだけに、日本の『日焼けする』という感覚よりも、もっと危険度の伴った日焼けになってしまうことになる場合もありますので、本当に注意が必要です。

 1981年には、オーストラリアの皮膚がん撲滅のためのスローガンとなった歌も登場し、国民に親しまれていました。
Slip, Slop, Slap!
It sounds like a breeze when you say it like that
Slip, Slop, Slap!
In the sun we always say "Slip Slop Slap!"


Slip, Slop, Slap!
Slip on a shirt, slop on sunscreen and slap on a hat,
Slip, Slop, Slap!
You can stop skin cancer - say: "Slip, Slop, Slap!"


 
 これだけ美しい海とビーチが広がり、ビーチでのんびりしたり、散歩したりするのが大好きなオーストラリアの人たちに、皮膚がんになるからビーチに出るなというのは酷な話ですので、皆さんそれぞれにラッシュガードを着たり、首の後ろをカバーできるような布のついたキャップをかぶったり、日焼け止めを塗ったりしながら、1年中ビーチを楽しんでいます。


*** 世界に目を向けよう!***
イギリス留学&オーストラリア留学は EIGOmate - 英豪留学支援サイト まで!
お気軽にお問い合わせください。



  
 airrank we're not afraid 
00:00:00 | eigomate | | TrackBacks